20代後半 フリーター就職
既卒おすすめ就活サイト > 20代後半の就職活動 > 20代後半 フリーター就職のコツ

20代後半 フリーター就職のコツ


20代後半 フリーター就職

20代後半フリーターが就職するには、どういった就活方法が成功率が高いでしょうか。
不採用を積み重ねるのは辛いですよね・・・。

20代後半、職歴なしフリーターでも正社員として就職を決めるにはどういったポイントに気をつけて就職活動を進める必要があるか、就職エージェントから聞いた話、内定獲得した方の例を元にご紹介しています。

年齢的には頑張りどころといえる20代後半、25歳、26歳、27歳、28歳、29歳の就職活動、正社員として就職できないままに30代を迎えないように、しっかりと就職活動に取り組む必要があるといえるでしょう。

20代後半フリーターが就職成功するために求人が見つかりやすい、就職サイトについてもご紹介しています。

20代後半、職歴なし社会人未経験フリーターの就職はどうする?

27歳、28歳、29歳。20代後半、職歴なし社会人未経験。

「フリーターからそろそろ脱出して正社員になりたいけれど・・・どうすれば自分に合った仕事を探すことが出来るのだろうか?」

「気づけばもう28歳。今から就職活動をしても正社員になれる自信が持てない・・・」

そうした方でも就職に成功する事ができます。

そのための方法を、ご紹介しています。

20代後半、職歴なしフリーターの採用に積極的な会社

中小企業の面接

20代後半、少し前までは完全に就職に出遅れた人、という印象が強かった感もありますが、今はまだまだ「未経験者で伸びしろがある若手」として多くの企業が採用に積極的になっています。

その背景には、もちろん人手不足の深刻化がありますよね。

特に若手人材の確保に危機感を強めている企業は、大手企業にも多いですし、大手企業以上に新卒採用に苦労する中小企業では、もっと切実です。

そのため、フリーター、既卒、大学中退、ニートといった特に20代の採用には力を入れはじめています。

こちらをご覧ください。

厚生労働省の一般職業紹介状況ですが、こちらを見ると有効求人倍率は上がり続けています。

平成30年9月の有効求人倍率

参照:一般職業紹介状況(平成30年9月分)について

・平成30年9月の有効求人倍率は1.64倍
・平成30年9月の新規求人倍率は2.50倍

となっています。

業界別に見ていくとさらにすごい有効求人倍率になっている業界もあり、人手不足が本当に深刻化していることが分かります。

そうした状況になる日本ですから、20代フリーター、既卒、大学中退、ニートといった方も、しっかりとした方法で就職活動に取り組めば、正社員就職ができないという状況はほとんど無いと言えると思います。

20代後半でも若手です。

誰もが最初は未経験。

採用してからしっかり研修やOJT、先輩社員からの指導で育て、戦力になって長く働いて欲しいと考える企業は多いですよ。

有効求人倍率とは

「平成30年9月の有効求人倍率は1.64倍」

先ほど出てきた有効求人倍率ですが、「求人数÷労働者」で求められています。

上記の有効求人倍率の場合、100件の求人に64人が来たということになります。

それぞれの企業が自分のところに社員を採用したいけれど、応募が無い・・・といった企業が多数ある状態です。

そうした人材不足の状況の中、求職者が現れて応募してきたら。
まずは面接しましょう、といった流れになる企業は多いと言えます。

そのため、今は職歴なし20代後半フリーターからであっても、就職しやすいと言われる状況となっています。

持病、病気があってどうしても働くのが難しい、といった方もいると思います。

そうではなく、普通に働くことが出来る方であれば、仕事が見つからないのは求人を選び過ぎているか、地方過ぎて仕事が無い、就職活動にちゃんと取り組んでいない、といったような理由があるのではとないでしょうか。

職歴なしフリーター向け求人を見つける

既卒が正社員になるには

20代後半、今までアルバイト経験しかなく職歴なしの状況。

「年齢も27歳だい、これでちゃんと就職できるのかな・・・?」

と不安を持っている方も多いかもしれません。

20代後半になると、今までは無かった焦りが出てくる方も多いと思います。

自分の将来の生活、結婚、親の健康状態など気になる方も多いのではないでしょうか。

他に兄弟がいて、結婚して子供がいて・・・といった場合には、また違う焦りもあるかもしれません。

そんなフリーター生活を脱出したくて、正社員になるために就職活動を始めてみたものの・・・書類選考からして落ちまくる、上手くいかない。

確かに人手不足は深刻で求人はたくさん出ています。

しかし、20代後半まで職歴なしフリーターを歓迎する企業というのは、なかなか通常の求人サイトや転職エージェントでは見つかりません。

就職活動のやり方としては、やはり求職者にあった求人を見つける必要があります。

そうすることで書類選考も通りやすくなりますし、面接も人物重視の面接で受けることが出来ます。

職歴なしフリーター向け求人を多く取り扱っている就職サイトを利用する方法がおすすめです。

20代後半の就職、失敗しない就職活動の方法

就職活動、内定率を上げるコツ

そうはいっても、実際に就職活動をする場合にはブランク期間も長く、フリーター歴も長くなっていますから不安があったり、自信が無かったり、上手く応募したい会社を見つけられなかったり。

ブラック企業へ就職してしまわないかどうかの心配もあると思います。

20代後半フリーター オススメ就職サイト

20代後半、職歴なし社会人未経験のフリーター、ニートから就職する方法としては、フリーター向け就職サイトを利用する方法が安心です。

業界・職種で選択肢が多め、札幌、仙台、福岡などにも拠点があり対応エリアが広いDYM就職を最初にオススメしたいと思います。

⇒ DYM就職

無料の就職支援講座があり、自分を変えたいフリーター・ニートに特におすすめと言える就職支援サービスがジェイックです。
熱いアドバイザーやコンサルタントが多いです。

⇒ ジェイック

サポートの長さ、手厚さに関してはフリーター・既卒就職支援サービスの中では随一といって良いのがウズキャリです。
少々IT系、営業系求人に偏りはあるようですが、そちらの業界・職種で就職もお考えになれるフリーターの方にはオススメです。

⇒ ウズキャリ

ハタラクティブは関東、大阪エリアでの就職に利用することが出来ます。
上京支援もあります。

⇒ ハタラクティブ

20代後半の就職でも高い就職成功率

こうしたフリーター向け就職支援サービスを行っている就職エージェントは、高い就職成功率となっています。

企業の採用担当者、社長など経営層と人材採用について情報共有を行い、採用の可能性が高い求職者の方を紹介することができるためです。

そのため、採用の可能性が低い企業へは基本的には紹介されないと考えて良いです。

応募を無理強いしないのは、そうした事情もあります。

そうした応募を無理にすすめるのは、企業にも仕事探しをしている方にとっても無駄な時間と考えるエージェントが多いからですね。

ですから、紹介してもらえた求人に関しては採用の可能性があると考えて、まずは具体的に情報収集をして検討してみてはと思います。

企業研究をすることで視野も広がりますし、求人を比較することも段々と上手くなってきますよ。

就職エージェントは面接対策なども、応募先の企業に合わせた内容で行ってくれます。

こうしたサポートがあることが、就職成功率が高い大きな理由となっています。

もちろん無料で全てのサービスを利用できますから、これからの就職活動に利用するメリットは大きいといえると思います。

フリーターからの正社員就職は中小企業を中心に応募を

既卒が正社員求人を探す方法
給料、福利厚生などの待遇、企業イメージを考えたりした場合には、大手企業への就職は魅力的ですね。

しかし、既卒3年以内などであれば別ですが、20代後半フリーターといった方になると、求人を見つけて応募することも難しいのではと思います。

それこそ求人を選び過ぎて、いつまで経っても就職先が決まらないという状況になりかねませんよね。

冒頭にもありましたが、人手不足で本当に困っているのは中小企業です。

中小企業でも経営が安定していて優良企業と言われるような企業はたくさんあります。

探してみれば、地元の中小企業でもそうした優良企業は見つかるはずです。

一般的な求人サイトに掲載をして、多数の応募者の書類選考や面接をすることに疲れた企業もあります。

そうした企業は、先ほどご紹介したような就職エージェントを利用して非公開求人として、合いそうな人材だけを紹介してもらう方向にシフトしている場合も多いです。

仕事探しをしているフリーターと、中小企業(一部、大手企業からの求人もあり)の優良企業をマッチングするのが就職エージェントとなります。

20代後半の就職活動にもしっかり利用することが出来ますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 20代後半フリーター オススメ就職サイト

既卒 20代後半フリーター就職には既卒専門の就職エージェントがオススメ

27歳、28歳、29歳といった20代後半、既卒フリーターの方が就職を目指す場合、就職に関して相談をしながらサポートを受けながら就職活動を進める方法が良いでしょう。

就活に失敗している時間は無い、と思いながら就活に取り組む方はなおさら成功率の高い就活を目指すべきと思います。

20代であれば年齢が後半でも、まだまだ社会人未経験から正社員就職をすることが出来ます。

既卒フリーターから正社員就職するための就活のコツはいくつかあります。

・求人を選び過ぎないこと
・中小企業の未経験者歓迎の求人を探す
・人手不足の業界・職種を狙う
・自己分析を徹底的に行う
・情報収集を徹底的に行う(企業研究)
・面接対策をしっかり行う

これらは既卒向け就職エージェントを利用することで、具体的に既卒向け求人を紹介してもらえたり、アドバイスをもらえたりします。

一人で就職活動をしていると、情報収集が不足してしまっていたり、面接対策も確実に質問されるものへの答えを用意し忘れたりと「抜け」が出てしまう可能性があります。

既卒向け就職エージェントを利用してサポートを受けることで、これまでにも多くの既卒フリーター、ニートの方の正社員就職をサポートし、内定獲得まで導いてきた経験から、精度の高いアドバイスをしてもらうことが出来ます。

また就職支援を利用するのは、あなたと同じように既卒、フリーターなど職歴なし・社会人未経験という方が多いです。

そのため、求人にスキルのある転職希望者がいたり、新卒者も応募していたり、といった可能性は低いです。

既卒、フリーター、20代後半といった通常の就活では難しいケースが予想される方であっても、就活を進めやすいことが大きなメリットといえるのではないでしょうか。

就職を希望するエリア、就職活動を行う時期によって、既卒向け就職エージェントから紹介してもらえる求人は異なります。

自力で一から就活を行うよりも、こうした既卒向け就職支援を活用して効率良く求人紹介を受け、面接に挑戦していく方が良いのではと思います。

20代後半、フリーターから就職を目指す際には、こうした既卒向け就職エージェントの活用をオススメいたします。

⇒ 既卒 就活サイトのおすすめ