既卒2年目 内定を獲得し就職するには
既卒おすすめ就職サイト > 既卒 就職 > 既卒2年目 内定を獲得し就職する方法

既卒2年目 内定を獲得し就職する方法


既卒2年目 職歴なしから就職、内定をもらう方法

職歴なし既卒が内定獲得するには

職歴なし、既卒2年目

既卒になって1年目に就職活動をしなかった方(フリーター・ニート生活)、就職活動をしたけれど就職先が決まらなかった方。

既卒2年目になると履歴書に1年の空白期間ができてしまい、就職にはさらに既卒として不利になってしまいます。

しかし、就職活動のやり方次第ではまだまだ十分に内定獲得することは可能です。

既卒2年目、23歳、24歳といった求職者の方が多いと思います。

20代前半、浪人や留年によって25歳を超えていたとしても20代であれば就職する事は十分できます。

人手不足が深刻となり、既卒だから就職できない、既卒者は人生詰み、といった状況ではなくなってきています。

既卒2年目、求人も多いです。
まだまだ正社員就職できますし職種についても選択肢はあります。

ただし、既卒として空白期間がさらに空くと、就職は難しくなってしまいますから既卒2年目の間に出来る限り、正社員就職を決めたいところです。

既卒2年目の就職活動、内定をもらうための方法はどうしたら良いでしょうか。

既卒2年目、内定を獲得するには

既卒から正社員就職する方法
高校や大学などを卒業、既卒となって2年目。
確かに就職活動は新卒と比べて難しいです。

しかし、だからこそ今のうちにしっかりと就職活動をして内定獲得に向けて動く必要があります。

既卒向け、既卒歓迎の正社員求人についての情報を得る方法はいくつかあります。

・求人サイト(既卒向け求人サイト)
・ハローワーク
・就職エージェント
・企業の採用ページからの直接応募

などがあります。

既卒者の就職活動の場合、一人での就活では情報収集が難しくなる事も多いため、就職支援を専門的に行っている就職エージェントなどのサポートを利用しながら就活を進める方法がオススメです。

ハローワークでも就職相談は出来ますし、未経験者向けの求人も紹介をしてもらうことは可能です。

しかし紹介された企業について、得られる情報量が少ないために応募の判断がしにくい・・・という問題点があります。

企業の規模(社員数、資本金)などは分かりますが、具体的に何をしている会社なのか、ホームページが無い企業やあっても内容が乏しい企業の場合には、情報収集の手立てがありません。

ハローワーク経由で中途採用を行っている企業は、地元の中小企業、零細企業が多いためです。

既卒2年目とはいえ、あまりに規模が小さい企業、零細企業への就職はあまり希望していない方が多いのではないでしょうか。

既卒から正社員就職を考えた際、得られる求人の質、量ということでいくと、

・就職エージェント

の活用がオススメといえます。

既卒おすすめ就職エージェント

既卒向け、職歴なし・未経験OKの正社員求人を多く持つ就職エージェントとしては、

⇒ DYM就職

⇒ ウズキャリ既卒

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

などがあります。

紹介実績から見る業界・職種の割合バランスが良いのは、DYM就職、ハタラクティブです。

既卒向け就職エージェント 対応エリア

DYM就職は東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、広島、仙台に面談拠点があります。

ウズキャリは、東京、大阪、名古屋にオフィスがありますが、遠方にお住まいの方でもSkype面談や電話面談ができればOKです。

ジェイックは既卒おすすめ就職エージェントの中では対応エリアが広く、支店のある東京、神奈川、大阪、愛知、福岡はもちろん、仙台、札幌、石川、広島、岡山、山口、熊本といった地方都市でも、期間限定で就職支援サービスが利用できることがあります。

ハタラクティブは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪近郊と一都三県・関西での就職を希望される方にオススメです。

既卒から正社員就職を目指して就職支援サービスを活用したい、といった場合には、まずお住まいのエリア、就職を希望するエリアの就職相談に対応していることが条件となります。

DYM就職などや全国対応の就職エージェントですが、拠点のある周辺エリアの求人はやはり多いです。

そうした傾向はどの就職エージェントも少なからず見られますので、拠点の場所から選ぶ事も大切といえます。

既卒2年目、まだまだ新卒枠で求人応募が可能!ですが・・・

既卒3年目までは新卒枠で応募を受け付けている企業も増えています。

大手企業でも既卒採用枠を設けているところもありますし、新卒採用ページに既卒者向けの情報を掲載している場合もあります。

既卒2年目はまだまだ大手企業への就職を狙う事ができます。

しかし、応募のチャンスは得ることが出来ますが、内定が出やすいかというとそれはまた別の問題です。

既卒よりも新卒採用の人数が多い企業が圧倒的に多いですし、応募が受け付けているものの既卒採用ゼロ、もしくは数名、といった企業もあるでしょう。

既卒が新卒枠を狙って就職活動をする場合、非常に狭き門である事が実際のところといえます。

大手企業への就職を既卒2年目で狙う選択肢もありますが、こだわりすぎるとかえって就職が遅くなる結果になることも考えられます。

既卒者は新卒枠、中途採用枠、並行して就職活動を

既卒2年目であれば、まだまだ新卒枠への応募は可能ですから就職を目指してみても良いですね、

ただし、就職活動を大手企業の新卒枠に絞るといったような事はせず、現実的に考えてより内定が得やすいであろう中小企業の中途採用枠も、並行して受けるようにスケジュールを考える事をオススメします。

自分ではスケジュール調整が上手くいくか心配で・・・

といった既卒の方は、就職エージェントを利用すれば、独自応募企業との選考の進み具合を考慮して、面接日程調整なども対応してもらうことが出来ます。

既卒向け就職エージェントを利用することで、就職活動の進め方も楽になると思います。

既卒者にとっても重要な面接対策ですが、模擬面接を受ける事もできますから効果的といえます。

⇒ 既卒おすすめ就職エージェント

既卒2年目で正社員就職

フリーターやニートとして卒業して1年目をなんとなく過ごしてしまった・・・という方も多いと思います。

既卒2年目の就活方法として、どうすれば内定率の高い就職活動ができるか、といった事から就活方法を選ぶ事が大切です。

就職活動の期間が長引くと、正社員になるためのモチベーションも下がってしまいますし、年齢が上がるごとに見つかる既卒向け正社員求人も減ってきてしまいます。

なんとなく就活する気が起きなくなる、応募しても落ちる気がして行動量が減る・・・といった自分に気づいたら要注意です!

下手をすると就職活動がストップし、フリーター・ニート生活に戻ってしまう可能性もあります。

既卒3年目と比べると、既卒2年目の方が就職はしやすいといえます。

職歴なし・社会人未経験から就職を目指す場合には、どの業界・職種への就職を狙う場合もそうですが、

「年齢が若い方が就職には有利」

です。

既卒2年目、就職活動の仕方次第では十分、正社員就職することは可能です。

職歴なしからの就職ですが、まだまだ職種も選ぶ事が出来るでしょう。

25歳を越えると、次第に応募可能な未経験歓迎の正社員求人が減ってきます。
同時に職種の選択肢も少なくなってきます。

そうした事も考えると、既卒2年目の今、就職活動に本気で取り組んでみる価値はあるのではと思います。

⇒ 既卒おすすめ就職エージェント

などを活用して就職活動をすることで、1週間~2週間など短期間で就職先が決まる方も多いです。

利用は無料です。

就職活動の進め方に迷っている方、やりたい仕事が見つからなくて・・・といった方も相談から活用してみてはいかがでしょうか。