空白期間あり既卒の就活
既卒おすすめ就職サイト > 既卒 就職 > 既卒 3年目の就職活動は厳しい?

既卒 3年目の就職活動は厳しい?


既卒 3年目の就職を目指すには

既卒 3年目の就職活動

既卒3年目、就職活動をどうするか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

高校や大学卒業後、ずっと就活を継続されてきた方もいると思いますし、フリーター・ニートを繰り返しながら細切れで就活をしてきたという既卒の方も多いのでは、と思います。

既卒3年目は、卒業後の就職活動として区切りの年、ラストチャンスとして捉える方も多い年となります。

新卒枠に応募出来る最後の年、となる企業も多いですよね。

そんな就職に大切な3年目なのに・・・就活のモチベーションが上がらない!
最近アルバイトも採用されなくなってきて辛い・・・

しかし、ここで正社員就職を諦めては20代、この先ずっとフリーターという可能性もあります。

就活を続けてきて就職できない人も、既卒3年目で就活に改めて取り組む人も、まずは既卒3年目に対しての企業の捉え方の変化を知っておく事が大切と言えます。

既卒3年目、空白期間の説明が重要なポイントに

既卒として就活、面接会場での待ち時間
既卒も3年目ともなると、やはり企業の採用担当者も気になるのが「空白期間の長さ」です。

既卒1年目、2年目であれば就活を頑張っています、ということでも納得しやすい期間でもありますが、3年目までずっと就活を頑張っています、と言われても「そんなに長い期間就職できなかったのは、何か問題がある人材なのでは?」とかえって不安になってしまう可能性があります。

20代前半は、職歴なしフリーターやニートからでも年齢的には非常に就職しやすい年齢です。

学校を卒業後、2年間ずっと就活をしてきてはいないかもしれませんが、3年目に至るまで就職できないということは・・・

・就職先を選び過ぎている
・人間性に問題がある
・就活に取り組んでいる、という話が嘘の可能性

など、ネガティブなイメージを面接官に与えてしまう可能性が高いです。

既卒3年目の就活では、この空白期間の説明の仕方がとても重要となってきます。

面接官のあなたに対しての印象を大きく決めてしまう可能性もありますからね。

既卒3年目、空白期間の説明は「素直な反省も含めて」答えることが鍵

どういった答え方をしても長い空白期間に捉えられやすいです。

そのため今までの素直な反省も含めて答えることが鍵となります。
3年間を振り返り、「就職に対しての考え方が甘かった」などの話も含め、これからしっかりと仕事に取り組みこんな風に成長していきたい、といったポジティブな答え方に繋げていく事が重要といえます。

中にはストレートに、

こんなに長い間、就職が決まらなかったのは何故と思いますか?

と質問してくる面接官もいるかもしれません。

面接での質問への受け答え方で、その後の質問内容も変わってきます。

しっかりと面接対策をして、空白期間を始めとした質問への答えを準備しておく事が大切です。

既卒者の面接対策、効果的なのは模擬面接

既卒者の面接対策で重要、効果的なのは模擬面接です。

それも身内や友達ではなく、第三者に模擬面接を行ってもらうのが良いでしょう。
へんな照れなどもなく、真剣に模擬面接を行うことが出来ます。

模擬面接などの対策を含め、既卒者の就職支援を行っている就職支援サイトの活用が良いでしょう。

⇒ 既卒 就活サイトのおすすめ

では、既卒向け就職支援サービスを提供している、

・DYM就職
・ジェイック
・就職shop
・ハタラクティブ

などをご紹介していますが、応募先の企業に合わせた面接対策をサポートしてもらうことが出来ます。

企業の採用ニーズを把握した上で面接対策、模擬面接を行ってもらえるため、効果的に就活準備を進めることが可能です。

一人で就活をするよりも具体的な対策をアドバイスしてもらうことが出来る、というのは就職を目指す既卒の方にとって大きなメリットではないでしょうか。

自分一人で就職活動をしていると考え方も偏ってきてしまいがちですし、不採用になってもどこを改善して良いか分からないことが多いのですよね。

不採用の理由も基本的には教えてもらえません。

既卒向け就職支援サービスを利用した場合には、もし不採用になった場合には、不採用になった理由を企業側にしっかりと確認してくれます。

それを次の応募に活かすことが出来ますから、確実に内定獲得へ進んでいけるという気持ちを持つ事もしやすはずです。

既卒3年目、空白期間のあるフリーターやニートの方の就職活動には専門的な就職支援サービスを提供している、

⇒ 既卒 就活サイトのおすすめ

の活用をオススメいたします。

厳しさを増す既卒4年目の就活

既卒3年目を過ぎ、既卒4年目に突入をすると就職活動もさらに厳しさを増してしまいます。

既卒者からの求人応募、新卒枠での応募を受け入れていた多くの企業も既卒4年目からは応募が不可になります。

それに本人の就活のモチベーションとしても、4年の空白期間が出来てしまうと正社員就職することに対して諦めの気持ちも生まれてしまうかもしれません。

ただ、年齢を考えるとまだまだ20代です。

未経験者向けの正社員求人を探して応募をする事で書類選考を通過し、面接を受け就職をすることは可能な年齢です。

少しリフレッシュをすることも必要かもしれません。

その後で再び、諦めずに就職活動を続けることが最も大切といえます。

既卒後、フリーター期間が長くなると減る正社員求人

既卒3年目、4年目あたりから年齢にもよりますが、求人サイトなどを活用して情報収集をする場合、見つかる正社員求人が減ってくる可能性があります。

住んでいる地域にもよるのですが、地方にお住まいの方ほど求人の減り方を実感されるのではないでしょうか。

「もしかすると、このまま就職できないのではないか・・・」

と不安に感じる既卒フリーターやニートの方も多いかもしれません。

しかし、そうした状況であっても20代はまだ採用ニーズを見つけることが出来ます。

中途採用は随時、新しい求人情報として掲載されます。
就職エージェントにも依頼があるでしょう。

就活期間中に新たに応募可能な未経験者向けの正社員求人が見つかる可能性は高いですから、情報を継続されることをオススメします。

既卒フリーター・ニートから正社員就職するためには、少しでも若い年齢での就職活動が大切といえます。

既卒向け就活サイトのオススメをご紹介しています↓

⇒ 既卒 就職サイトおすすめランキング

こちらも参考にしてみていただければと思います。