既卒の面接対策
既卒おすすめ就活サイト > 既卒 面接 > 既卒面接の流れ・質問、事前の面接対策

既卒面接の流れ・質問、事前の面接対策


既卒の面接対策

既卒者の就職成功は、事前の面接対策が内定獲得のカギ!

既卒になってから、どうしても面接がうまくいかない・・・

という方も多いのではないでしょうか。

既卒の就活では、新卒の時とは頭を切り替えることが最初に重要です。

既卒者用の面接対策をすることが大切となります。

既卒の面接では、

どうして既卒になってしまったのですか?

既卒になってから、空白期間は何をしていましたか?

といった既卒向けの質問が多くなります。

その内容も、どちらかというとネガティブな質問が多いため、正直答えにくいと思います。

しかし、そうしたネガティブな既卒向けの質問に対してしっかりと答えることが内定獲得には必要です。

既卒者の就職成功には、事前の面接対策が非常に重要となります。

既卒の面接の流れ、事前にどういった面接対策をすると良いでしょうか。

既卒採用は、企業の面接担当者も不安がある

既卒が新卒と比べて就活が不利になる一番の理由としては、日本企業において人材採用は「新卒採用が基本」となっているからです。

既卒者に対してのイメージは、

新卒のときに就活で失敗した人

空白期間がある既卒者に対しては、

何らかの問題があり就職できなかった人

といったものとなります。

いずれにしてもネガティブなイメージです。

真っさらな新卒者と比較して、採用にあたって人事担当者が不安になるのが既卒者といえます。

面接官が持つ不安をひっくり返し、あなたを採用するメリットを納得してもらうことが必要です。

事情があって新卒時に就活が出来なかった場合

新卒時、事情があって就職活動が出来なかった場合には素直にその理由を伝えることが大切です。

面接官が納得できる既卒になった理由であれば、その後の質問がネガティブなものではなく、答えやすいものへ変わっていくことが多いです。

・病気のため
・親の介護のため
・海外留学のため

就活スケジュールに間に合わなかった、という説明であればほとんどの面接官は納得するでしょう。

その上で、だからこそ就職して正社員としてキャリアを積みたい、御社でこういった仕事をしていきたい、とアピールすることが出来れば熱意のある人材として内定獲得できる可能性を高めることが出来ます。

就職活動に失敗した、就活しなかった場合の面接

在学中に行った就職活動で、就活に失敗した理由を素直に話すことが大切です。
就活を途中でやめた既卒の方もいると思います。

どうして就職できなかったかを話し、その上で失敗を認めて就職する気持ちが強いことを伝えることがポイントとなります。

「大企業ばかりを狙って就活していた」

「志望する業界にこだわりすぎ、内定獲得出来なかった」

「就職できたらどこでも良いとなんとなく就活していたら、既卒になってしまった」

「アルバイトに熱中しすぎて、就活スケジュールを逃していた」

就職できなかった理由をよく見せようと嘘をつくのは避けた方が良いです。

その後の面接での受け答え内容を全て作り上げないといけない可能性が高くなります。

実体験が伴わない受け答えは、そのうち辻褄が合わなくなりやすいので注意が必要です。

既卒になった理由を素直に話し、その上で働く意欲が高いことをしっかりアピールすることが必要です。

既卒面接の流れ

既卒者の面接は基本的には新卒と同様ですが、質問内容が既卒向けに変わってきます。

事前に面接対策にしっかりと時間を確保し、想定される既卒者向けの質問へ可能な限り答え方を準備しておくことをオススメします。

・入室
・導入(アイスブレイク)
・自己紹介、現状について面接官からの質問
・志望動機
・会社側から勤務条件の説明
・応募者からの質問
・面接終了
・退室

といった流れが基本となります。

自己紹介、現状について面接官からの質問

特に重要となるのは、「自己紹介、現状について面接官からの質問」です。

・既卒になった理由
・既卒後、空白期間に何をしていたのか

といった質問がありますので、ここで受け答えを失敗すると挽回は難しいでしょう。

既卒者への面接での質問は基本的にネガティブなものが多くなります。

答えにくい質問こそ、面接官が知りたいことになります。

会社側から勤務条件の説明

面接官から会社概要、具体的な業務内容、勤務条件などの説明を受けます。

この時、それぞれの内容についての確認があります。

・年収は新卒待遇と同様で年収350万円ですが問題ありませんか?
・交通費は上限○○円ですが、問題ありませんか?
・支社が全国に10ありますが、いずれへも転勤は可能ですか?
・繁忙期や忙しい時期は残業がありますが、問題ありませんか?
・いつ頃から入社できますか?

既卒者は入社時期について質問されることが多いです。

アルバイトをしている方の場合、バイト先の退職手続きもありますね。
あまりに先の入社時期を言ってしまうと、採用を検討していたとしても不採用に判断が傾く可能性があります。

あらかじめバイト先に就職活動をしていることを伝え、退職をスムーズにできるように準備をしておくことも大切ですね。

応募者からの質問

面接の最後には、必ず応募者からの質問を受け付ける時間があります。

ここで「特に何もありません」と言ってしまうのはNGです。

入社へ熱意があれば、質問の1つや2つはあるはずです。

調べても分からなかったことを質問するようにされると良いでしょう。

企業の公式ホームページに載っているようなことを質問したり、待遇についてしつこく質問を繰り返すのは印象が悪いです。

入社意欲をアピールできる質問を、複数用意しておくと面接の流れからも対応しやすいでしょう。

既卒の面接対策

既卒として就活、面接会場での待ち時間
既卒の面接に限りませんが、面接対策をしっかりとしたにも関わらず、準備していなかった質問が飛んでくることもあります。

とっさのことで頭が白くなり、そこで素直に答えてはダメ!といった質問もあります。

例えば、

「当社を不採用になったらどうしますか?」

といった質問です。

「仕方無いのですぐに他の会社を探します」

といった答えはNGですよね。
熱意が無いな・・・と思われてしまいます。

確かに不採用になったらなったで仕方無いのですが、ここは絶対に入社したい、というアピールが必要な質問です。

「同業他社は調べましたか?どうしてそちらを受けなかったんですか?」

といった質問なども答えにくい質問です。

同業他社を調べていない場合には勉強不足、といった印象を与えます。
調べていつつも、どうして今回の応募先企業を選んだかの答えがうまく出来ないのも、ネガティブな印象を与えます。

競合他社も含めて、業界研究をしっかり行うことが大切です。

面接準備はどこまで行えば十分か、といった判断が難しいです。
キリが無い、といえばキリがありません。

迷いや不安がある方は既卒者向け就職支援サービスを利用し、応募先企業の詳しい情報を得る方法もオススメです。

エージェントからの推薦、フォローがある場合もあり、一人で就活をするよりも高い内定率で就職活動を進めることが出来ます。

効果の高い模擬面接も行ってももらえますので、自信を持って面接に臨めるのではないでしょうか。

面接マナー、言葉遣い、自己PR、志望動機、答えに困った時の対応など、アドバイスを受けることが出来ると安心ですね。

⇒ 既卒 就職サイトおすすめランキング