就職できない既卒から就職できる既卒になるには
既卒おすすめ就活サイト > 既卒 就職 > 既卒者が大手企業に就職するには

既卒者が大手企業に就職するには


既卒 大手企業に就職は可能?

既卒者の大手企業への就職

既卒だと就職できないのでは・・・と諦めかける人もいれば、既卒から大手企業への就職を目指し、実際に就職が決まる人もいます。

既卒の就職先は中小企業、零細企業などが主とはなりますが、大企業への就職も無理ではありません。

もちろん、既卒後何年経っても大企業への目指せるというわけではないので注意が必要です。

もし、大学を卒業してからも大手企業への就職を目指したい場合は時間を無駄にすること無く、就職活動をスタートすることが大切ですね。

既卒3年以内は大手企業の求人へ応募できる

大企業での既卒者採用が進んだ理由として、厚生労働省からの「卒業3年以内の既卒者は新卒枠で応募受付をするように」との要望があります。

平成22年からとなりますが、それ以降、既卒者の採用を行う大企業も増えており、今では非常に多くの企業が既卒者の採用枠を設けて毎年一定数など採用を行っています。

ですから、大学を卒業したら新卒として就職活動が出来ない事から大企業への就職は無理、と諦める必要はありません。

大企業の求人を受けようと思えば、新卒の時と同様な就活スケジュールで採用選考を受けることができます。

日本を代表する企業であるトヨタ自動車を始めとして、誰もが知る大手企業が毎年、既卒を受け入れてます。

既卒3年以内の方で、就職活動をしている方は大手企業の求人への応募もチャレンジしてみるのもオススメです。

決して簡単ではありませんが、もし採用選考が進み就職が決まれば年収も高いですし、待遇・福利厚生も中小企業より手厚いです。

既卒として中途採用枠で中小企業の求人をチェックしている方も多いでしょう。
そうした方は求人を比較して、就職先として大企業はとても魅力的に思える方も多いのではないでしょうか。

既卒3年を越えると、既卒から応募可能な大手企業は減ります。

もし受けられる既卒後の年数の方は、応募を検討されてみてはと思います。

既卒が大手企業へ就職するのは無理?

既卒が大手企業へ就職するのは以前であればほぼ無理、といった事になりましたが今は採用に積極的な大手企業もあり、就職できるチャンスが増えているといえます。

内定を得るのは狭き門ではありますが、就職活動の中で応募する価値はあるのではないでしょうか。

とはいえ、誰でも応募出来るわけではありません。
応募条件をしっかり確認して、満たしている場合の応募となります。

年齢制限、卒業後既卒年数をまずは確認することが必要です。
既卒3年がやはり多いようです。

非公開求人として人材紹介会社(就職エージェント)を経由する場合もあります。
色々なチャネルを利用して情報収集をされることもオススメです。

厳しい既卒の就活を成功させるには

既卒の就活、面接対策が重要

既卒者の就職活動は厳しいものとなる場合が多いです。

人事担当者の頭の中には、

既卒 = 新卒の時に就職できなかった人

というイメージがあるのは、仕方無いとはいえます。

ですから、既卒者の就活ではまず大切なこととして、

既卒になった理由をしっかり説明出来るように準備をする

ことが挙げられます。

面接で既卒者は確実に質問されますね。

また、ブランク期間がある場合には、その期間に何をしていたかも質問されますので、しっかり答えられるように準備をしておきましょう。

資格取得もオススメ

既卒の就活では新卒や転職希望者、第二新卒と比較をされることも多いです。

その時、他の求職者よりも企業にとって採用するメリットをアピール出来なければ内定獲得は難しいです。

就職を目指す業界・職種があるのでしたら、仕事に関連した資格取得も目指されると良いかもしれません。
資格取得は有利に働くことは多いですからね。

既卒に強い就職サイトの活用

既卒者が就職活動をするにあたり、既卒向け正社員求人が多い就職サイトを利用することは重要です。

一般の求人サイトを利用しても求人情報を得ることは出来ますが、既卒向け、未経験者歓迎の求人の方が内定率は高いですからね。

既卒向けの情報も多く得られますから、有利に就職活動をすすめるには既卒向け就職サイトの活用が欠かせないといえます。

⇒ 内定率が高い!既卒おすすめ就職サイト

既卒採用のある大手企業

既卒者の採用がある大手企業、有名企業をピックアップしてご紹介をいたします。

・トヨタ自動車
・ホンダ
・マツダ
・スズキ
・三菱自動車
・パナソニック
・ソニー
・シャープ
・ソフトバンク
・ユニリーバ
・サイバーエージェント
・楽天
・ヤフー
・ユニクロ
・カヤック
・関西電力
・中部電力
・東京電力
・東北電力
・大阪ガス
・三井不動産
・武田薬品工業

などを始めとして、他にも多くの大手企業、有名企業が既卒者の応募も可としています。

応募は出来ても既卒の内定獲得は難しい大手企業

ここまえ既卒者の大手企業への就職活動について、情報を掲載してきました。

大学を卒業してからも大手企業へ就職するチャンスを得られるのですから、活かさない手はないという既卒の方も多いのではないでしょうか。

もし採用されることが出来れば、待遇も中小企業と比べて良いですよね。
初年度の年収も、数十万円違いがある場合もあります。

しかし、既卒から大手企業へ就職をするのは難しいです。

新卒でも採用されるのは、かなりの倍率を勝ち抜けていく必要があります。
既卒者の採用は数名、といった企業も多いのではないでしょうか。

現実的なことを考えた場合、大手企業を受けつつ、内定獲得しやすいであろう中小企業も同時に受けることを考えた方が良さそうです。

経済的なことを考えれば、いつまでもフリーター・ニートでいて良いということは無いですよね。

できるだけ早く仕事をしたい。
という既卒の方も多いと思います。

既卒の採用ニーズが高い中小企業も受けていくことで、就職活動をあまり長期化させないことも、既卒から正社員就職を目指す時のポイントといえます。

⇒ 内定率が高い!既卒おすすめ就職サイト

をこちら↑でご紹介をしています。

大手企業への就活、選考が終わる時期などを見計らって、既卒向け正社員求人を多く取り扱っているこうした就職サイトを利用する方法をオススメします。

少しでも内定獲得の可能性を高めるために、就職活動は並行して進めることが大切ではと思います。