既卒の面接対策
既卒おすすめ就活サイト > 既卒 就職 > 既卒就職は無理、と諦める前に

既卒就職は無理、と諦める前に


既卒は就職できない、就職は無理と諦めない

既卒の就職は無理ではありません
就職活動に苦戦する方も多いとは思いますが、就職活動の方法を選び、志望動機やアピール内容をしっかり準備することで既卒3年以上経っている方でも正社員として就職されている方は多いです。

既卒3年以内の新卒扱いの時期を逃してしまった方も、就職活動の方法を見直してみてはいかがでしょうか。
既卒、フリーターの方の就職支援に特化した就職エージェントが多数あります。

既卒向け就職エージェントの中には東京、大阪など都市部だけではなく、広い地域で就職支援サービスを提供しているところもあります。
こうした就職支援サービスを利用することで、空白期間が長くなっていたとしても正社員として就職できる可能性を高めることが出来ます。

既卒の就職は無理?

既卒になったあと、新卒の時の就活との違い、難しさに思わず「既卒は就職は無理なのかな・・・?」と思ってしまう方もいるかもしれません。

既卒になって1年目、2年目、3年目、といったようにまだ既卒になってブランク期間がそこまで長く無い場合に、就職先が決まらないのは求人の探し方、利用する就活サイト、就職活動の仕方に理由がある場合が多いようです。

自分一人では就活の失敗ポイントに気づけないことが多いため、既卒フリーター・ニートの就職活動をサポートする、専門家の支援を利用すると一気に就職活動がうまく進み出す方は多いといえます。

就職は難しい、無理・・・と正社員になることを諦めて非正規雇用(フリーター、派遣社員、契約社員)などになると、その後に正社員就職するのが難しくなるという現実もあります。

既卒が就職しやすいのは、ブランク期間が短いタイミングでの就職活動となりますので、正社員として仕事に就きたい場合には諦めずに就職活動のやり方を変えたり、見直したりしながら就活を進めていくことをオススメします。

既卒で就職が難しいと感じる理由

面接に失敗して落ち込む既卒者
日本では、正社員として就職しやすい一番のタイミングは「新卒」です。

企業の多くが新卒採用を優先して行っており、既卒者などを採用するのは新卒採用では確保したい人数が足りていない場合などとなります。

そのため求人数自体に大きな差があります。

既卒になってから、応募出来る求人がなかなか見つからなくなった・・・と感じる方も多いのではないでしょうか。

また、既卒者に対してはまだまだ「新卒の時に就職できなかった人」「なぜ新卒の時に就職しなかったのだろう?」といった印象を持たれてしまうこともあります。

また既卒3年以内は新卒扱い、といったことで採用活動を行っている企業もありますが、実際には新卒の内定者数と比較をすると、既卒者の内定者数はやはり少ないという現実があります。

また、既卒者は中途採用枠に応募することになりますが、基本的には中途採用は即戦力を採用したい企業が多いため職歴なし未経験者である既卒者は、中途採用枠に応募しても書類選考の時点で不利になることがどうしても多くなってしまいます。

こうしたこともあり、新卒カードが使えなくなるため、既卒者は就職活動が厳しくなったと感じる方が多いと言えます。

しかし、既卒になったから就職が出来ない、就職は無理・・・とは言っていられませんよね。

既卒が就職できるためには

既卒者が就職に成功するためには、新卒の時の就活以上に行動することが大切です。

10社、20社で諦めてしまっては早いと言えます。

就職活動をするにあたり、頭の中を「新卒就活」から「既卒就活」に切り替える必要が最初にあります。

正社員の面接では、

なぜ既卒になったのか、既卒になった理由

既卒後、何をしていたのか

就職をしようと思った理由

といったことなどは必ず質問されるといって良いでしょう。

既卒者に対してはネガティブな面接官からの質問が多くなる傾向がありますから、しっかりと答えられるように面接対策をすることが必要不可欠です。

しかし、一人では面接対策が万全にできる人は少なく、それも既卒者がなかなか内定をもらえない理由の一つとなっています。

既卒者が就職できるためには、新卒や転職希望者と競う事がある求人は避けつつ、既卒向け求人を中心にした方が、内定獲得の可能性が高くなります。

そうした既卒向けの正社員求人を扱っている就活サイトもあります。

既卒歓迎、フリーター歓迎といった求人は中小企業から多く見つける事が出来ます。

既卒者が就職に成功するためには、求人をどこで探すかも重要なポイントとなりますので、いくつか並行して利用してみることもオススメです。

利用する就活サイトによって、紹介してもらえる求人が変わってきます。

⇒ 既卒 おすすめ就職サイト

既卒、就活がうまく進まない焦り

既卒の就活は厳しいです。

大手マイナビが毎年、就職活動調査を行っています。

その調査結果によると、大学・大学院卒業後3年以内の既卒者の内定率は今年は「45%」となっており、引き続き、既卒者が正社員就職するのは厳しい状況が見えてきます。

2人に1人も就職できていないのですから、就職できないと焦りを持つ方も多いのではと思います。

既卒の就活は厳しい、ということを受け入れて、行動力を増やす事も正社員就職には重要なポイントといえそうです。

手当たり次第に応募、というわけではありませんが、まず求人への応募数を多くすることが必要です。

ただ、そこでも不採用が続いてしまうとモチベーションが下がり続ける結果にもなりかねませんから、既卒専門の就職支援を行っている就活サイトなどを利用する方法が良いでしょう。

非正規雇用(フリーター、派遣社員、契約社員)のリスク

既卒になってからの就職活動、書類選考が通れない、面接で質問に上手く答えられずにお祈りメールが届く・・・

そうした事が続いてしまうと、つい就活のモチベーションも下がり就職できない、と諦めてフリーターや派遣社員などになり、とりあえず収入を得ることを選ぶ方も多いのではと思います。

こうした非正規雇用で働くことのリスクは、正社員と比べて待遇、労働条件が悪いこと、そして非正規雇用として働く期間が長くなると正社員就職が難しくなること、などが挙げられます。

非正規雇用は社会的な評価も低いといえます。
雇用の不安定さは常に言われてしまうのではないでしょうか。

各種ローンの審査も基本的には通るのが難しいです。

派遣社員の場合には、雇い止めが問題となっています。
契約社員も急に契約が切られたり、といったことで生活が難しくなる方も後を絶ちません。

フリーターとして4年、5年仕事を頑張ったとしても職歴として見なされません。
その後の就職につながる職歴として評価される事はほぼ無いのです。

逆に、正社員の面接では「なぜこんなに長い間、フリーターをしていたのですか?」とフリーター期間について質問を受けることになります。

なんとなくフリーターをしてきた方も多いと思います。

そのため、こうした面接での質問で面接官が納得できる答えを言えずに、不採用になるケースが増えてしまいます。

フリーター・ニート歴が長い既卒者こそ、就職支援サイトの活用がおすすめ

フリーターやニート歴の長い既卒の方も多いと思います。

⇒ 既卒 おすすめ就職サイト

でご紹介しているような既卒向け就職サイトの場合、

書類選考無しで面接が受けられる」就職支援サービスが受けられるところも増えています。

正社員就職するには、面接で志望動機、自己アピールをする機会を得ることがまず必要ですよね。

書類選考で落ちる事がない、というのは就職できずに困っている既卒の方には特に大きなメリットではないでしょうか。

確実に面接官、時には社長など採用権限を決定的に持つ経営陣が参加する面接を受けることが出来る。

そうしたメリットを活かして、正社員就職に成功する既卒フリーター・ニート、非正規雇用の方は多いです。

既卒になって3年以上、4年などになると、書類選考で落ちることが急激に増えて悩んでいる方も多いのではと思います。

派遣社員や契約社員として働いていて、次こそは正社員として就職したい、という方も就活サイトとして利用することが出来ます。

本気で就職したい、今の派遣先の契約が切れる次のタイミングでは、正社員を目指したい。

そうした本気で正社員就職を目指したい方に、こうした既卒専門の就職支援サイトの活用をオススメしたいと思います。