既卒ニートが就職する方法
既卒おすすめ就活サイト > ニート就職 > 既卒ニートがホワイト企業に就職する方法

既卒ニートがホワイト企業に就職する方法


既卒ニートがホワイト企業に就職

既卒、ニートでもホワイト企業に就職するには。

就職せずに卒業してしまい、ブランク期間、ニート期間が空いてしまったとしても就職するならホワイト企業が良い、といった方も多いと思います。

ブラック企業に就職したい、という方はいないでしょう。
良い会社と思って入社してみたらブラック企業だった・・・面接で見抜けなかった、といったケースが多いのでは。

全てが超優良企業、ホワイト企業とは言いませんが既卒、ニート向け求人が多く職歴なし社会人未経験を歓迎、長く働きやすい会社が多く採用のために利用している就職支援サービスを利用する方法があります。

ホワイト企業とは

就職活動、内定率を上げるコツ
ホワイト企業とは、そもそもどんな企業のことを言うのでしょうか。

ブラック企業とホワイト企業との差、といっても良いかもしれません。

色々な特徴を挙げることが出来ますが、ホワイト企業に共通して多く見られる特徴をご紹介します。

ホワイト企業は離職率が低い

ホワイト企業の大きな特徴として、

離職率が低い

ということがまず挙げられます。

働きやすいのですから、辞める理由が特に見当たらない。
となれば、多くの社員はできるだけ長くその会社で働きたいと思います。

ホワイト企業の特徴として、後でも出てきますが年収も高めです。

年収も高い、福利厚生も不満なし、有給休暇も消化しやすい、人間関係も良い、となれば辞める理由が特に無い人が多数でしょう。

そのため、離職率が低い事がホワイト企業の大きな特徴です。

とはいえ基本的には多くの企業では離職率は掲載していません。
実際にその会社で働いている人の口コミを調べると、知り合いがいれば話を聞くといったことから考える必要はあります。

もしくは就職支援サービスを利用して内部情報を聞いてみる方法もあります。

上場している企業の場合、就職四季報で「新卒入社3年後離職率」を見ることが出来ますので、参考にすることは可能です。

離職率を考える場合には社員の平均勤続年数、平均年齢も参考になります。

残業が少ない、労働時間が適切に管理されている

ブラック企業は労働時間が長いことが特徴です。
休日も仕事ということも多いでしょう。
そうした働き方が続けば、精神的にも変調を来してしまう可能性が高いです。

ホワイト企業はブラック企業とは逆です。

従業員が健康で働くことが業績アップに繋がると考え、そのためにも労働時間を適切に管理しようとします。

残業削減、残業をするにしても上司へ申告了承が必要、21時には完全退社、など。
労働時間を短く、効率的に仕事をすることを求められます。
(結果として残業代削減で生活が厳しい、管理職にしわ寄せが来ている、といった企業も少なからずあるようですが・・・)

メンタルヘルスにも力を入れていることもホワイト企業の特徴と言えます。

社員の平均年収が高い

ホワイト企業は社員に会社の利益を還元しよう、という考えがある場合も多く社員の平均年収も高めであることが多いです。

経営が安定していることもあり、初任給から相場よりも高い給与となっている場合もあります。

初任給や従業員の平均年収なども興味をもった企業に関して、調べてみてください。
重要な判断基準になるといえます。

ブラック企業や激務の会社の場合には、残業代がしっかりつく場合には年収だけ見ると高い、といったこともあるかもしれません。

しかし実労働時間で考えるとプライベートの時間も取れて高年収である方が魅力的に感じる方は多いのではないでしょうか。

土日祝日が休み、年間休日が多い

ホワイト企業は基本的に土日祝日は休み、年間休日が多めです。

もちろん販売・サービスといった仕事のようにシフトで働く場合には、土日祝日も仕事の場合がありますが労働時間が適切に管理されているために、年間休日で見るとしっかりとお休みが取れている場合が多いです。

休みがあることでリフレッシュでき、仕事を能率が上がるという考え方があります。

そのためリフレッシュ休暇、バースデー休暇(家族の誕生日も含む)なども設けられている場合があります。

ホワイト企業への就職を考えた場合、休日数についてもチェックすることは重要といえるでしょう。

基本的には大企業ほど休みがしっかり取りやすく、中小企業など会社の規模が小さくなってくると休日が少なくなるという傾向はあります。

ゴールデンウィークに14連休、といったような長期休暇が取れるのは大企業がやはり多いです。

福利厚生が充実している

ホワイト企業は社員への還元を考えていることが多いため、給与の高さも同様ですが福利厚生を充実させている場合も多いです。

求人を調べるとき、どうしても初任給や平均年収、休日などに目がいくものですが長く働くことを考えた場合には福利厚生も重要です。

社会保険などの他、企業が任意で提供する福利厚生が充実しているほど社員想いの会社である可能性が高いです。

有給休暇取得率が高い

ブラック企業は基本的には有給休暇が取れません

有給休暇というのは、ある種の経営者にとっては「社員が休んで、お金だけ払う」制度だからです。

なぜ社員が働いていない日にも給料を支払わなければならないんだ!
といった考えです。

とはいっても労働者の権利として有給休暇があります。

ホワイト企業は有給休暇の取得にも積極的です。

出来るだけ有給休暇の取得を奨励し、旅行に行ったり勉強の時間に充てたり、家族との時間を過ごしリフレッシュすることを期待しています。

ちなみに有給休暇を取得する際には「有給休暇を取る理由」を伝える必要はありません。

ただし、繁忙期で人がいないと困る、といった場合には取得する時期をずらすなども必要ですよ。

既卒ニートがホワイト企業に就職する方法

以上、ホワイト企業の特徴を先に見てきましたが、こうした企業で働けると確かに長く働きやすいですよね。

では既卒、ニートといった状況からホワイト企業へ就職できるのでしょうか?

答えとしては、既卒ニートであってもホワイト企業への就職は可能です。

そのためには求人を得る方法が重要になってきます。

離職率や平均勤続年数、社員の平均年齢、福利厚生の詳しい情報、職場の雰囲気など個人が就活で情報収集をしてもなかなか分かりにくいことは多いです。

ただ、面接で聞くとオープンに話してくれる場合は多いです。

しかし求人に応募する前に知りたいですよね。
情報を知って、応募するための判断材料にしたいです。

そのため20代など若者向けの就職支援、就職エージェントを利用しての就活方法が最適と言えます。

就職支援、就職エージェントを利用して就活するメリット

こうした就職支援のエージェントは、求人を紹介するにあたり必ず企業へ足を運び実際の情報を収集しています。

ブラック企業を求職者に紹介してしまうと、就職支援サービス自体の評判が悪くなってしまい利用者が減るためです。

もちろん、誰もが知るような大企業かつホワイト企業への就職は新卒でも難しいケースがありますから、こだわってはいけませんね。

中小企業であっても優良企業、ホワイト企業といえる会社は多くあります。
BtoB企業などは優良企業が多いと言われます。

知名度が劣る中小企業は、人材採用に困っていることが多いため若者向け就職支援サービスを利用して中途採用を行っているケースも増えてきました。

企業がどんな人材を採用したいかもエージェントが理解していますし、求職者に対してもしっかりと面談、カウンセリングを通して人柄、適性の理解をすることに力を入れています。

そのため、就職のミスマッチも防ぎやすく結果として、高い内定率、高い定着率となっている就職支援サービスが多いといえます。

ホワイト企業の求人が見つかることもある既卒ニート向け就職支援サービスは、

⇒ 既卒おすすめ就活サイト

でご紹介しています。

いずれも相談、求人紹介など無料で利用することが出来ます。

複数を併用して就活することも可能です。

それぞれの就職エージェントで得意な業界・職種などがありますし、地域によっても職種が変わってきます。

どういった企業の求人があるかを知るためにも、複数の就職エージェントを利用してみてください。