面接に失敗して落ち込む既卒者
既卒おすすめ就活サイト > 既卒 就職のはじめ方 > 既卒は就活サイトを使わないと就職できない?

既卒は就活サイトを使わないと就職できない?


既卒 大学卒業後、就活のやり方は変わる?

既卒の就活、内定獲得するには

既卒の就活、どのように変わるのでしょうか?

就活のやり方を間違えると、就職できないのでは・・・
と少し不安になっている既卒の方もいるかもしれません。

新卒就活と同じく、新卒向けのリクナビやマイナビを使っても大丈夫です。
(ただし、新卒メインですから既卒者はほぼ受からないと考えた方が良いかと思います)

新卒時に内定をバンバン取っていた人であっても、(事情があって既卒になってから)リクナビ、マイナビではどこも通らなくなった・・・というケースは少なくありません。

既卒者も3年以内であれば新卒求人へ応募可能な企業は多くあります。

上場企業の多くも既卒3年以内は新卒枠へ応募可、として求人への応募を受け入れています。

しかし、既卒の内定率は新卒と比べると低いため、より今まで以上に就活準備に力をいれることが内定獲得のために必要となってきます。

正社員就職するための面接での質問も、既卒向けに変わります。

新卒の時に作っていた自己PRなども変える必要があるでしょう。
既卒向けの質問に対して、答えをしっかりと用意することが内定獲得にために必要です。

既卒として就活をすることが決まった後は、改めて自己分析をするなどが必要といえるでしょう。

早期の正社員就職を目指すのであれば、新卒採用を受けるのは諦めて既卒向け就活サイトの就活に切り替える選択肢が現実的といって良いでしょう。

⇒ 既卒向け就職エージェントを活用して内定獲得する
(記事後半の既卒向け就職エージェントへショートカットします)

既卒の就活の仕方

既卒2年目 内定を獲得し就職するには
既卒の就活の仕方は、基本的には新卒の就活と同様です。

・自己分析

・業界研究

・職種研究

・応募書類の作成

・採用選考

・内定

となります。

既卒3年以内で新卒枠へ応募する場合には、新卒スケジュールに合わせて就職活動を進めていくことになりますので、注意が必要ですね。

気を抜いてしまって、応募したい企業のエントリーの締切を逃してしまった・・・といったことのないように気をつける必要があります。

既卒の就職活動、開始時期について

大学卒業後、少し就職活動を休んでから改めて就活をスタートしたい。

自分を少し見つめ直してから仕事探しを考えたい。

既卒の数活の開始時期ですが、基本的には企業の中途採を狙っての求人への応募となります。

既卒採用に関しては「通年採用」となる企業が多いので、いつでも就職活動をスタートすることが出来ます。

そのため、既卒の方の中には就活を一旦休んでしまうと、その後なかなか就活を再開できずにフリーター・ニート歴が1年、2年となってしまうケースもあります。

フリーター期間やニート期間が1年以上になってしまうと、既卒の就活としては難しさが増してしまいます。

空白期間についての質問が厳しくなることが予想されますので注意は必要でしょう。

既卒が内定獲得するポイント

既卒者の就活の仕方について
既卒者が内定獲得するポイントは、新卒者よりも既卒のあなたを採用するメリットを企業にどう説明出来るか、といって良いでしょう。

そのためには「自己分析」が大切となります。

新卒の時に就職しなかった(就職できなかった)ことを振り返り、どう今の就職活動につなげて説明するか。

既卒だからこそ、仕事について真剣に考えて就職先を選んで応募していることなども面接での志望動機に絡めて説明をすることが重要となります。

既卒が応募する企業は中途採用枠、通年採用となりますから他の応募者もいることが通常です。

受ける会社によっては、即戦力となる転職希望者もいるかもしれません。

他の応募者と比べて、自分を採用するメリットを企業に示せるかどうかが重要です。

そのために自己分析が非常に重要となりますので、既卒として改めて自己分析をする時間をしっかりと確保してみてください。

既卒向け就職エージェントを活用して内定獲得する

既卒の就職活動に特化して求人紹介、就職支援サービスを提供している就職エージェントを利用することが出来ます。

例えば、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ウズキャリ

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

などは既卒に特化した就職支援を行っており、既卒歓迎の求人を紹介してもらうことができます。

既卒後は孤独な就活になりがちですが、こうした就職エージェントを利用することで手厚いサポートを受けながら内定獲得を目指して就職活動を継続していくことが可能です。

既卒向け就職エージェントを利用する最大のメリット

既卒向け就職エージェントを利用する最大のメリットは、

既卒歓迎の企業の求人を紹介してもらえること

に尽きる、といえるのではないでしょうか。

新卒就活と比べて、既卒の就活は常に不利、と考えて良いと思います。

書類選考でも不利、面接でも不利。
という前提で動いた方が良いです。

そのため自力での就活では「就職できない」時期が続いてしまい、就職に自信を無くし挫折、長いニート生活へ突入してしまう・・・といった方も実際にいます。

そうした方も後日、既卒フリーター・ニートの就職支援に実績のある就職エージェントを利用して就職に成功される方も多いのですね。

いずれは正社員として働くといったことを考えた場合、就活の早い時期に就職エージェントを利用して就活をする方法をオススメしたいです。

既卒が内定獲得するための就活の考え方

卒業後、既卒になってからの就活で内定獲得するためには、それまでの新卒就活とは考え方を変えることが第一歩となります。

既卒は不利、という考え方から就職活動の準備を始めることが大切です。

既卒へのイメージは正直良いものではありません。

既卒 = 就職できずに卒業した人

既卒後のブランク期間が長い人 = 他社で内定がもらえない理由がある人

といったイメージを持つ面接官が多いのが実際のところです。

既卒に対して良いイメージがある!新卒ではなくぜひ既卒を採用したい、と考えている企業は少ないでしょう。

基本的には、既卒は就職できなかった人、というネガティブなイメージです。

もちろん、良い人材なら採用したいという企業は多いです。

そのためにこそ、面接対策に力を入れ自分を採用するメリットを企業にプレゼントすることが必要となります。

最初のネガティブなイメージを覆し、採用するメリットをしっかりアピールすることが内定獲得には欠かせません。

既卒の就活、面接では「既卒になった理由を素直に話す

既卒後に受ける会社の面接では、

既卒になった理由

既卒後の空白期間

については必ず質問されます。

新卒の就活の時には無かった質問ですよね。

しかし、既卒になると必ず聞かれます。

空白期間については、卒業後の4月、5月、6月頃までは質問されない企業もあるかもしれません。

そういった意味でも既卒直後の就活は最も就職活動が成功しやすい時期でもあります。

面接では既卒になった理由は素直に話し、反省すべきところは反省した上で、これからの仕事についてのやる気、どういった社会人として成長していきたいか、といったことをアピールすることが大切となります。

正直に話をして不採用であれば仕方ない、今回の企業とは縁が無かった。
と気持ちを切り替えることも既卒の就活では特に大切なことと言えます。

いつまでも不採用を引きずらないこと。

もちろん、書類選考で落ちた場合、面接で落ちた場合には次の応募に向けて修正・改善すべき点はないかどうかを振り返ることは大切です。

もしかすると、致命的なミスがあって不採用になった可能性もあります。

常に次の求人応募へ向けて、内定率が上がるように意識していくことも大切です。

既卒向け就職エージェントを利用した場合には、不採用の理由もフィードバックされます。

自力での就活だと確認しにくいですから、こうした就職エージェントのメリットも活かしたいですね。

既卒向け就職エージェントを利用することで、内定率の高い就職活動をすることが出来ます。

これから就活をされる方、自力での就活が難しい・・・と感じている方は一度就職相談をされてみてはいかがでしょうか。

⇒ 既卒 就職サイトおすすめランキング