既卒の就職はどうしたらいい?
既卒おすすめ就職サイト > 既卒 就職のはじめ方 > 既卒の就職はどうしたらいい?

既卒の就職はどうしたらいい?


既卒 就職 どうしたらいい?

既卒の就職活動の仕方

就職先が決まらないまま既卒になったけれど、この先どうしたら良いか分からない・・・

既卒は新卒とは違い、周囲に同じように就活をしている友人がいて、といったことはほぼ無く、一人での就活となります。

そのためどうやって就活をしていけば良いかに迷ったり、悩んだりしてしまう方も多いのではと思います。

既卒の就活は厳しい、と言われているけれど既卒の就職はどうしたらいいの?

確かに既卒の就職活動は不利になる事も多く、内定がなかなかもらえずに苦労される方も多いです。

既卒者が就職活動を進めるためのコツについて、情報を掲載しています。

既卒からの正社員就職を考えた場合、就職しやすい時期は卒業後~半年といった、すぐの期間です。

1年以内もまだ就職活動はしやすいのではないでしょうか。

1年以上のブランク期間が空いてしまうと、面接での質問も厳しくなり始め受け答えに困る方が増えてくるのではと思います。

書類選考でも落ちる事が多くなってくる方も多いでしょう。

既卒から正社員就職を目指すのであれば、卒業後できるだけ早い時期が良いのは間違いありません。

⇒ 内定率が高い!既卒おすすめ就職サイト

は↑でご紹介しています。

既卒の就活は行動量が重要です

大学時代、新卒として就職活動をしていた方も多いと思います。
途中で就活を止めたので既卒になった、という方も多いのではないでしょうか。

また、やりたい仕事が全然見つからなくて就職活動をしなかった、だから就活のはじめ方がよく分からなくて・・・今更ながら就活に困っている、といった方もいるかもしれません。

既卒の就活では、新卒の時よりも行動量が重要となります。

既卒になると就職活動で狙うのは、中途採用枠です。

新卒の頃は応募出来る求人が見つけやすかったと思いますが、既卒向け求人(中途採用の求人)はそもそも数が少なくなります。

また、応募する求人にもよりますけれど、場合によっては即戦力となる経験者と競う可能性もあります。

新卒者が応募している可能性もあります。

様々な求職者と選考で比較されることを考えると、職歴なし・社会人経験なし既卒者は不利になる事が多いのです。

そのため、不採用になることはある程度仕方無い、といったことを理解して求人へ応募をしていくことが大切となります。

1社、2社といった少ない応募数ですぐに内定獲得ができる既卒の方も中にはいますが、少数といって良いでしょう。

多くの既卒者は、自力での就職活動の場合には10社、20社、それ以上の会社へ応募をして内定獲得しているといったケースが多いようです。

既卒から正社員就職するには、手当たり次第に応募をしていては内定獲得は厳しいです。

狙う職種をある程度絞りつつ、行動量(求人への応募)をキープすることが必要です。

企業が既卒者を採用する際に注目することは?

就職活動は自分を企業に売り込む事です。

求人募集を行っている企業が、中途採用で応募してくる求職者に対して何を期待して選考しているかを理解することは、とても重要なことですよね。

企業が既卒やフリーターやニート、大学中退の方、未経験者を採用するときに重視しているのは、次の点である場合が多いです。

・素直であること
・伸びしろのある人材であること
・仕事への熱意が感じられること
・中途入社して、馴染めるかどうか
・社風に合う人材かどうか

といった点です。

面接担当者から多く話を聞くと、大抵は、

未経験者に期待するのは、素直さ、明るさ、真面目に仕事に取り組んでくれること

といったような返答が返ってきます。

素直さ

は本当によく言われるので、面接でも受け答えの仕方などでは特に意識をしてみると良いかもしれません。

「でも、」「しかし、」「ただ、」

といったことを自分では気づいていないだけで、結構、口にしている方もいます。

そうした言葉が多い求職者は注意が必要、という面接官もいますよ。

入社してからもそうした言動が多くなりがちなため、先輩社員、上司からのアドバイスを素直に聞いてくれないので仕事を覚えるのが遅く、ミスも多くなりがちなのだそうです。

既卒と言わず、未経験からの就活では気をつけたいポイントといえます。

この数年、人材不足、若手人材が特に不足している企業も増えていることから、既卒者の採用を行う企業も増えてきています。

昔ほど既卒は就職できない、といった状況ではありません。

既卒として、自分の強みを活かせる就活ができるようにしっかりと準備をして、就職活動に臨みたいですね。

既卒が就活をする時のコツ

既卒が正社員就職するための就活をする時のコツについてです。

既卒で仕事が決まる方は、次のようなポイントをしっかり対策などをしているといえます。

内定がもらえる既卒者の共通点ともいえます。

面接対策、質問への受け答えの準備ができている

「なぜ、既卒になったのか」

「ブランク期間は何をしていたのか」

といった既卒者向けの質問をはじめ、面接で聞かれる質問に対しての準備がしっかりできていることは特に重要です。

新卒や第二新卒とは違う質問が、既卒向けとしてあります。

つい多くなりがちなのが、言い訳のような既卒になった理由です。

過去を受け入れて、反省すべき点があれば反省しつつ、就職に対してポジティブな内容で話す事が重要です。

病気のために就活ができず既卒になった、といった方もいるかもしれませんね。

その場合には、健康上の不安が面接官にはあります。
すっかり治ったこと、働くにあたって全く問題無いこと、などは明確に伝える必要があります。

求人を選び過ぎない

職歴なし・社会人経験なし、既卒者が就活をするにあたり、就職を難しくする大きな理由として「求人を選び過ぎている」ケースがあります。

やりたくない仕事へあえて無理やり応募する必要はないですが、あまり求人に対して条件を付けすぎたり、企業の規模などで選び過ぎないように注意する必要はありますね。

就職するならホワイト企業、優良企業へ就職したいとこだわりすぎると、応募出来ないままに時間が過ぎてしまいやすいです。

ホワイト企業の定義も実は曖昧だったりしますからね。
大手企業、上場企業だからといって全てがホワイト企業ではありません。

配属される部署にもよるでしょう。

また、業界・職種に対して先入観を持たずに、まずは情報収集をしてみることも重要です。

調べてみたら興味を持てる仕事だった、自分の強みを活かせそうな仕事だった、ということは意外とありますからね。

既卒からの就活は、未経験者として中途採用枠を狙い求人へ応募していくことになります。

求人を選び過ぎていては、なかなか仕事に就く事ができないといった状況になりかねません。

まずは就職をして、正社員としてキャリアをスタートすることが大切ではないでしょうか。

既卒の就職は、行動力が大切

既卒の就職活動は、中途採用枠を狙ってのものとなります。

新卒の頃は応募締切日などがありましたが、中途採用の場合には急に募集が終わっていることも多いです。

既卒だけど応募しても大丈夫かな・・・?

書類選考で落ちたら嫌だな・・・

と迷っている間に、応募が締め切られる可能性もあります。

希望の職種で未経験OKの正社員求人、興味を持てる仕事内容で求人が見つかったら、できるだけ早く応募をする事も重要です。

受ける企業が多いほど、内定がもらえるチャンスが増えますからね。

「どうせ応募しても落ちるのでは・・・」

と考えずに、前向きにポジティブに就活に取り組む事がとても大切です。

既卒の就活で困ったら、就職相談をしてみる

既卒として就職活動をスタートする際、迷ったり悩んだりする事も多いと思います。

既卒向け求人がうまく探せない、といった方も多いかもしれません。

一人での就活に不安がある既卒の方は、多いのではないでしょうか。

既卒から正社員就職を目指す場合、成功率が高いのは既卒専門の就職支援サービスを利用する方法です。

⇒ 内定率が高い!既卒おすすめ就職サイト

でご紹介していますが、経験豊富なアドバイザーに就職に関して相談しながら、就活を進めて行くことが出来ます。

既卒向け求人も多いことも、利用するメリットです。