既卒の就活、書類落ちが続くとき
既卒おすすめ就職サイト > 既卒 履歴書 > 既卒の就活で書類選考で落ちる人の特徴と対策

既卒の就活で書類選考で落ちる人の特徴と対策


書類選考が通らない!既卒の就活対策

既卒、フリーターやニートから正社員就職を目指す時、最初の大きなハードルである書類選考でいつも落ちてしまう・・・と困っている方もいると思います。
新卒の時はこんなに書類選考で落ちることは無かったのに、という方も多いのではないでしょうか。
ここでは既卒から正社員就職を目指す際に、書類落ちが続くときに見直したい応募書類のチェックポイント、履歴書や職務経歴書の書き方対策について掲載をしています。

既卒 書類選考で落ちてしまう時、どうする?

面接に失敗して落ち込む既卒者
既卒フリーターやニートから正社員就職を目指す場合、まず書類選考に通り面接に辿り着かなければなりませんよね。

しかし、その書類選考がなかなか通過できない。
いつも書類選考で落ちてしまう・・・

求人に掲載されている応募条件は満たしているのにどうして・・・?

という就活の悩みを抱えている既卒の方も多いのではないでしょうか。

書類落ちする理由って、分からないんですよね。
企業側に思い切って質問をしてみても、答えは基本的にもらえません。

書類落ちする理由が分からない。
それも正社員就職を目指す上で、選考が進まず悩みが大きくなる理由でもあります。

「このままでは書類選考が通らないまま、ずっと就職できないのでは・・・」

そんなネガティブな気持ちからさらに就活が上手くいかなくなる

そうした状況は避けたいですよね。

書類選考で不採用が続く場合、応募書類で見直すべき箇所はある程度絞られてきます。

ここでは、既卒の就職活動で書類落ちする場合の見直しポイント、履歴書、職務経歴書の書き方のポイントについて改めて確認していきたいと思います。

既卒の履歴書

履歴書の選び方、どんな履歴書を使っていますか?

履歴書にも色々なフォーマットがあります。

就職活動に使用する履歴書は、何でも良いのでは?
と思っている既卒の方もいるかもしれません。

しかし、面接官の中には応募者に合った履歴書を使用しているかどうかもチェックしている人もいます。

未だに大学指定の履歴書を使っていませんか?
コンビニで購入出来るような履歴書で、自己PR欄が少ないような履歴書を使っていませんか?

職歴なし既卒、フリーター・ニートから正社員就職を目指す場合には、職歴欄は短くて良いと思います。
アルバイト歴はアピールしても評価の対象には基本なりませんからね。
(応募する仕事とアルバイト歴が関連する場合は別です)

何より、使用する履歴書によっては自己PR欄などが短くなっているため、アピールしきれていない可能性もあります。

就活は他の応募者と比較されます。
(応募者があなただけ、といったことは非常に稀です)

その時、他の求職者の方が自己PR欄などが長く、しっかりアピールしていた場合、それだけで書類落ちする可能性が高くなってしまいます。

既卒者の就活に重要な欄は、

・志望動機
・自己PR

の部分です。

履歴書のテンプレートも色々と種類がありますが、既卒の就活では志望動機、自己PR欄が大きめのものを選ぶようにしましょう。

職歴欄にはアルバイト歴は書いた方が良い?

既卒の場合、卒業してからの期間にもよりますが空白期間を説明する必要があります。

卒業してからの空白期間も3ヶ月などであれば、空白であっても「就職活動を頑張っていた」で納得してもらいやすい期間といえます。

しかし空白期間がそれ以上になると、面接官としては「既卒になってから何をしているのか」を質問して確認することが多くなってきます。

就職して働く意欲があるかどうか、疑問視されるようになってくるためです。

アルバイト歴は基本的には職歴として評価されませんが、記載はした方が良いです。

既卒後、空白期間があるにしても、ニート歴の人よりも、アルバイトをしっかり頑張っていた人の方を評価する面接官は多いですからね。

真っ白な職歴は、やはり印象が悪いです。

既卒の就職活動、アルバイト経験がある方で職歴欄を真っ白にしている場合にはアルバイト歴をしっかり記載するようにしてみてください。
(アルバイト歴が多い場合には、期間が長い仕事を記入すると良いです)

志望動機が弱い

既卒の就活は、中途採用を狙って応募することになります。

多数の求職者が同時に応募、書類選考で面接に呼ばれる人、書類落ちする人とに分かれることになります。

書類落ちする大きな理由は、

志望動機が弱い

からです。

求人の応募条件を満たしている場合で書類落ちが多い場合、志望動機が弱い可能性が高いです。

面接官としては、全ての応募者に会う方針では無い場合には、志望動機から「うちの会社により本気で入社したい気持ちが伝わってくる求職者を面接に呼ぶ」ことになります。

・なぜ、数多くの企業がある中から御社へ応募したか
・私を雇うことで、どういったメリットが企業にあるか

といったことはしっかりとアピールする必要があるでしょう。

書類選考を通過し面接に辿り着いた際には、志望動機や自己PRに記載したことをベースにして、実際にあなたの口からアピールをすることになります。

この時、話の軸がずれないようにすることも大切です。

面接官は手元に履歴書を置いて見ながら質問をしていることが多いですからね。

履歴書を送付する際には応募企業ごとにコピーを残しておき、いつでも履歴書の内容を再確認することができるようにしておくことも重要です。

それでも書類落ちが続く・・・という場合の対策

既卒になってからの就職活動、思った以上に大変・・・。

書類落ちの度に自分なりに履歴書や職務経歴書の内容を見直しているけれど、もうこれ以上どう内容を直して良いか分からない・・・

といった場合もあると思います。

既卒、フリーター・ニートの状況から正社員就職を目指す場合、一人で全てを行う事になりますから大変ですよね。

その場合、就職活動のプロを利用して応募書類の添削をしてもらう方法が良いと思います。

書類落ちして自力で修正を行っている方の場合には、まだこうした既卒向け就職支援サービスを利用していない方が多いのではないでしょうか。

既卒向け就職支援サービスでは、

・希望条件に合った求人探し
・やりたい仕事が特に無い方は、適職を探して求人紹介
・応募書類の添削
・志望動機の作成アドバイス
・面接対策
・企業との面接日など日程調整・待遇交渉
・悩み、不安など就職相談

など手厚いサポートを利用することが出来ます。

応募書類に関しても、自分では気付かないだけで数百枚と既卒、フリーターやニートの方の履歴書などを見て作成をサポートしているアドバイザーが見ると、大きなミスが見つかる可能性もあるかもしれません。

少なくとも、企業の採用担当者にアピールできる履歴書や職務経歴書になっているかどうか、判断してもらうことが出来ます。

自分一人での就活では就職できない・・・といった時期が続く場合にも、就活支援として利用してみてはいかがでしょうか。

⇒ 既卒 就職サイトおすすめランキング
でオススメの既卒向け就職支援サービスをご紹介しています。